天然水とRO水の違いと選び方

スポンサーリンク


 天然水とは

wo114

天然水というのは、自然の力で長い年月をかけてろ過された天然の水を極力人間の手を加えない状態でボトルに詰められたものです。

地下から汲み上げられた天然水を、最低限のろ過、沈殿、熱殺菌処理という極めて少ない工程で天然水が持っている甘みやうま味を残す方法で製造されたものです。

また、一般的には熱殺菌処理なのですが「フレシャス」のように非加熱の殺菌方法をとっている企業もあります。この方法は、コストも手間もかかりますが、天然水本来のミネラルやおいしさに影響する「熔存酸素」を残すことができるので、更に天然水の美味しさを味わうことができます。

農林水産省の品質表示ガイドラインでは、天然水とは特定水源より採水された地下水のことで、
「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」と呼ばれているものが該当します。
ウォーターサーバーの天然水はこれに属しています。

一般に言われている「ミネラルウォーター」は、ろ過・沈殿・加熱殺菌以外に、複数の水源の水をブレンドしたり、ミネラル成分の調整をしたりと手を加えた水のことで、天然水ではないのでお間違いなく。

 RO水とは

wo115

RO水は、高性能な浄水器を通した、水道水や地下水のことです。ROとは、Reverse Osmosisの頭文字をとったもので、逆浸透膜ともいい0.0001μの超微細孔のフィルターです。

この0.0001ミクロンの穴が開いているフィルターに無理やり通すことでほとんどの不純物(ダイオキシンやO-157など)が除去され、限りなく純水に近い水をつくることができます。

しかし、本来含まれているミネラル分がなくなってしまうので、湯冷ましのような味になり、けっして美味しいものではありません。

そこで、RO膜に水を通した後、人工的にミネラルを加えたものがの現在のRO水と呼ばれている水です。RO水は、水道水・地下水・天然水などから人工的に作ることができるため、低価格なものが製造されます。

また、不純物を強制的に取り除いてしまうため、安全性には申し分ありません。人工的に処理されている分、味にクセがなく、日本人が好む味を作り出しています。

 天然水とRO水どちらがいいの

wo116

天然水とRO水どちらがいいかは一概には言えません。
上記のように天然水には天然水の持ち味があり、RO水にはRO水の持ち味があります。

強いて言うならば、健康志向の面から天然水ですかね。
天然水には様々な成分(ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウム・バナジウム・天然亜鉛・有機ゲルマニウムなど)が含まれています。

天然水を飲むことでこれらの成分を自然と補給するということができます。RO水では、これらの恩恵を受けることができません。

ただ、胃腸が弱いので安全性を重視したい方や天然水に含まれる成分を何らかの事情で取れない方もいます。そんな方には、余計なものを含んでいないRO水が適しています。

このように天然水にもRO水にもメリット・デメリットがあります。合う人合わない人がいます。
必要に応じて飲み分けるのがよいと思います。

スポンサーリンク




wo106

wo107トップページ(ホーム)へ戻る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ