軟水と硬水の違いとは

スポンサーリンク


wo108

水は「軟水」と「硬水」に分類されます。
これは、水の硬さを表しているもので、数値化したものを「硬度」と呼んでいます。

簡単に言うと、水に含まれるミネラルの量が多いものが「硬水」、少ないものが「軟水」です。ミネラルとは、水に含まれるカルシウムやマグネシウム成分で、その合計量で硬度が決定するわけです。

一般的には硬度100mg/㍑以下が「軟水」、300mg/㍑以上が「硬水」と呼ばれています。

どうして軟水や硬水ができるのかというと、雨水や雪解け水が大地にしみ込むときに地層の成分が水の中へ溶け込むからです。そして、地層を形成している物質や水の滞留時間によって軟水になったり硬水になったりするのです。

日本の場合は、周りを海で囲まれていて、水の滞留時間が短いこと、火山地質でカルシウムやマグネシウムを多く含む石灰岩が少ないことなどから、「軟水」になるわけです。

反対にヨーロッパなどは、大きな大陸で地下水の滞留時間が長いこと、石灰岩が多いことなどから「硬水」になるわけです。場所によっては非常に硬度の高い硬水になるところもあります。

硬度の分類表

超軟水 軟水 中程度の硬水 硬水 超硬水
0~50mg/㍑ 50~100mg/㍑ 101~300mg/㍑ 301~1000mg/㍑ 1001mg/㍑以上

軟水と硬水のメリット・デメリット

 軟水のメリット・デメリット

軟水のメリット・デメリット
wo109 ・日本人には口当たりがよく、飲みやすい
・炊飯や和風のだしをとる日本料理全般に向いている
・香りや風味を大切にする日本茶や紅茶などに向いている
・お米がたっぷり水分を吸収するので美味しく炊き上がる
・刺激が少ないので敏感肌の人に適している
・石鹸の泡立ちが良く、洗濯に適している
・お肌の汚れがよく落ち、毛髪も傷めない
wo110 ・特になし(強いて言えば無味無臭)

 硬水のメリット・デメリット

硬水のメリット・デメリット
wo109 ・ミネラル成分が豊富に含まれている
・スポーツなど、汗をかいた後の水分補給に向いている
・ヨーロッパに多く、西洋料理に向いている
・ダイエットや便秘などに適している
・パスタにコシを与えてくれる
wo110 ・ミネラルが多く独特の苦味があるので飲みにくい
・飲み過ぎるとお腹を壊すこともある
・硬度が高いものは味に変化が出て調理に向いていない
・石鹸の泡立ちが悪く、洗濯には向かない

wo111

日本の水は一般的に昔から軟水が多く、私達日本人は軟水に親しみ、利用し生活を共にしてきました。食についても、軟水によって引き出される料理など古くからの知恵があります。

お米はふっくらと美味しく炊き上がりますし、煮物料理は風味が引き出されて柔らかく煮上がります。料理の旨み成分をしっかりと引き出し本来の美味しさを味わうことができます。

日本で採取され殺菌処理されている天然水は、ほとんどが硬度100mg/㍑以下の軟水です。したがってどれを選んでもまずくて飲めないということはありません。

しかし、採水地によって天然水に溶け込んでいるミネラル成分が違います。また、殺菌処理の方法(加熱処理or非加熱処理)によっても味に変化が出ます。

使用する目的によって選ぶことが賢い方法ですね。

硬度および成分比較

当サイトで紹介しているウォーターサーバー各社が取り扱っている天然水の硬度と成分をまとめてみました。ただ、数字だけ見てもわからないと思いますのでポイントもまとめています。

サーバー名 ブランド名 1リットルあたりの成分 ※1 pH 硬度
Na K Mg Ca Zn Ge V
Mizの樹 阿蘇のバナジウム天然水 11 4.1 10 28 100   170   7.2 100
ラドン泉天然水 80 4.7 6.5 8.5           48
フレシャス 富士山バナジウム天然水 5.2 0.7 1.9 5.7 190   85   8.31 21
恵ウォーター 富士の恵 4.9 1.2 2.8 7.1 96   122   8.0 30
日田の恵 48 8.0 4.8 16.6 160 4.0     7.7 62
京の恵 9.7 0.5 1.6 8.0         7.2 30
金城の華 25 0.4 0.05 20         8.3 50
コスモウォーター 富士の微笑み 4.9 1.2 2.8 7.1 96   122   8.0 30
日田の誉  48 8.0 4.8 16.6 160 4.0     7.7 62
古都の天然水 9.7 0.5 1.6 8.0         7.2 30
金城の華 25 0.4 0.05 20         8.3 50
オアシスウォーター 富士の天然水 4.9 1.2 2.8 7.1 96   122   8.0 30
日田の天然水 48 8.0 4.8 16.6 160 4.0     7.7 62
京都の天然水 9.7 0.5 1.6 8.0         7.2 30
金城の華 25 0.4 0.05 20         8.3 50

※1 成分表記について
Na:ナトリウム(mg) K:カリウム(mg) Mg:マグネシウム(mg)
Ca:カルシウム(mg) Zn:亜鉛(μg) Ge:ゲルマニウム(μg)
V:バナジウム(μg) F:フッ素(μg) Fe:鉄(μg)

 美容や健康が目的ならMizの樹です。

wo112

阿蘇のバナジウム天然水の硬度は100。軟水の部類では上限値で、ミネラル成分が十分含まれています。また、天然バナジウムもたくさん含んでいますので注目です。

そして、今最も注目されているのがラドン泉天然水。治療の目的で使われる”療養泉”で、国が効果があると認めている温泉なんです。

Mizの樹が提供している二丈温泉きららの湯は基準値の4.5倍ものラドン含有量があります。それを直接「飲泉」することで、温泉の持つ健康成分を内側から摂取することができます。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

赤ちゃんのミルク作りや小さな子供中心ならフレシャスです。

wo113

富士山バナジウム天然水の硬度は21と他の天然水と比べても最少値です。ミネラル成分が少ないということは、赤ちゃんや小さな子供に負担をかけないということです。

そしてフレシャスでは、美味しい水に拘って生産コストや手間がかかる非加熱処理を行っています。この方法によると原水に含まれる溶存酸素が失われないため、天然水本来の美味しさを楽しむことができます。

カルシウムやマグネシウムの含有量が少ないので硬度の値が低くなっていますが、富士山の地層から溶け込んだバナジウムなどのミネラルは豊富に含まれています。その成分を美味しさの中に閉じ込めて提供しているのがフレシャスです。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

スポンサーリンク




wo106

wo107トップページ(ホーム)へ戻る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ